前へ
次へ

インプラントで不定愁訴が無くなりました

恥ずかしながら歯を数本失ったまましばらく放置していました。それでも噛めていたし、歯医者は苦手だしと見て見ぬ振りをしていたんです。すると、体調が悪くなってきたことに気づきました。婦人科系が弱いのでホルモンバランスの乱れかなと思っていたのですが、妙な気持ちの悪さや頭痛、朝起きられないなどの症状に悩むことに。病院に行っても原因がわからないと言われて不定愁訴専門のところにかかった結果、歯を失ったままにしているとそういうことが起きる人がいると教えて頂いたんです。それからすぐにインプラントをしようと決意し歯科医院に通いはじめました。今って麻酔もしっかりしていますし、術中は痛みって全然ありません。通い始めてみればすぐに慣れました。もっと早く来ればよかったですね。何より、インプラントを入れてからは不定愁訴が無くなりました。人によって個人差はあるものの、私の場合は歯が無くなってしまったことが、体に大きな影響を与えていたみたいです。

Page Top